今すぐお金が必要な時の解決法!

今すぐお金が必要なのに、手持ちの現金はもちろん銀行にもお金が無いという時には、「だれか助けて!」と叫びたい気持ちにもなりますよね。

 

それでも親や兄弟に借金を申込んでも借りれないこともあるでしょう。そんな時には本当に途方に暮れてしまうと思います。

 

とは言え、「どうしよう!」と悩んでばかりいても時間が過ぎて行くだけなので、どうしてもお金が必要ならば何とかしてお金を作る方法を考える必要があるんです。

 

今すぐお金を作る方法は必要とする理由により違ってくる

急にお金が必要になった、それも1万円や2万円ではなく、まとまったお金が必要という時、そのお金を作る方法はそれを必要とする理由によって違ってきます。

 

いますぐお金が必要な理由が、たとえば

  • 母子家庭で子供が病気により緊急入院した
  • 交通事故でケガをして働けないため、生活費がなくなった
  • 限定モノの欲しい商品を至急手に入れたい
  • 連休が多くてあまり稼ぐことができず家賃がピンチ!

というような場合、それぞれの理由によりお金の作り方が違ってくるんです。

 

母子家庭で子供が病気、緊急入院で明日お金が必要な時

【参考:保険の教科書】
http://hoken-kyokasho.com/boshikatei-teat

 

母子家庭であるため、経済的に苦しい上に子供の入院となると更に厳しい状況にもなるでしょう。病院の支払いで今日中にお金が必要、また遅くても明日お金が必要ということもあるでしょう。

 

それでも母子家庭の場合には、以下の通りいくつもの手当金や助成金を受けることが可能となっているので、まずはじめに紹介しておきますね。

  • 生活保護
  • 母子家庭の住宅手当
  • ひとり親家族等医療費助成制度
  • 乳幼児・義務教育就学時の医療費助成
  • 児童手当
  • 児童扶養手当
  • 特別児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 遺族年金

 

上記の9種類もの手当金や助成金には所得制限がある場合が多いですが、中には自治体によっては所得制限なしで助成を受けられるものもあります。

 

ただし生活保護を受けているともらえない手当や助成金もあるので、市役所などへの問い合わせがおすすめです。

 

話は戻りますが、母子家庭世帯で子供が病気で緊急入院となった場合、上記のような制度や助成金により経済的な負担が掛かる心配はありませんが、それでも自治体により一旦は支払いが必要になり、後から医療費が還付される場合もあるんです。

 

個室の利用は助成対象外の場合も

入院で個室に入った場合、病院の都合以外では実費が掛かる場合が多いです。個室を希望する以外にも症状により個室となり、「同意書」を書かせられ実費となる場合もあります。

 

この場合は健康保険も適用外となり、医療費の還付も不可となります。

 

これらの場合にはとりあえず支払いが必要になるため、最低でも10万円程のまとまったお金が必要になるかも知れません。

 

病院の支払いで今日中にお金が必要という時、お金が足りない場合には医療費還付や給料日までにお金を借りるしかないですよね。

 

お金を借りれる先が親や姉妹、友人ではない場合、

  • 母子・寡婦福祉資金貸付金で借りる
  • 銀行や消費者金融で借りる

のどちらかとなるでしょう。
ただし、今すぐお金を作る方法としては公的融資は最低でも1か月ほどの時間が掛かってしまうため、消費者金融でお金借りる方が早くおすすめです。

 

【参考:ファイグー「母子福祉資金は母子家庭の強い味方。お金に困ったら相談すべし」】
http://camatome.com/2014/04/boshi-hukushi-kashitsukekin.php

交通事故でケガして働けない!どうしてもお金が必要な時どうする?

交通事故に遭いケガをしてしまうと、治るまで入院や自宅療養を余儀なくされますよね。そのため働けないことで収入も無くなってしまい、生活費に困ることにもなるでしょう。

 

ただし、交通事故でケガをして働けない場合には、損害賠償金によって出費の損害を補償してもらうことが可能です。

 

損害賠償金として対象になるのは、

  • 治療費
  • 入院費
  • 通院のための交通費
  • 付き添いの看護費
  • 休業損害
  • 後遺症による逸失利益
  • 慰謝料
  • 弁護士費用

などがあります。
【参考:交通事故弁護士ナビ】
https://jico-pro.com/columns/18/

 

それでもこのような損害賠償金は、生活費がないため今お金が必要という時には対応不可となるんです。

 

もちろん、示談金などがすぐに手元に来れば話は別ですが、通常は損害賠償金が支払われるまでは警察が入ること、保険会社の調査があること、手続きには時間が掛かることで、お金が振込まれるまでに一定の時間は掛かります。

 

今日中にお金が必要ならキャッシングが便利

働けないことで生活費が不足する、そのため今日中にお金が必要という状況になることもあるでしょう。

 

損害賠償金が振込まれれば何とかなるのであれば、それまでの繋ぎとしてキャッシングで今すぐお金を作る方法もアリだと言えますね。

 

今仕事ができていなくても安定した年収があれば、金融機関で借りれないという心配は少ないと思います。ただし、至急まとまったお金が必要ならば、即日融資も可能な大手の消費者金融に申込みしてみると良いかも知れません。

 

限定モノの欲しい商品を至急買いたい!

例えばネットオークションなどでは、限定モノの商品でマニアなら喉から手が出るほど欲しいという商品が出品されることもありますよね。

 

オークションの特徴として、初めは支払う余力があっても値が競って来ると加熱してしまい、気付いた時には高額で落札してしまったということもあるでしょう。

 

そんな時は当初の予算をオーバーしてしまうわけですから、その差額となるお金を用意する必要がありますね。ただし、「そんなお金ない!」という時には、今すぐお金を作る方法が必要になるんです。

 

どうしてもお金が必要な時、今すぐお金を作る方法とは?

商品の購入代金を捻出するためどうしてもお金が必要な時、今すぐお金を作る方法を考える必要がありますよね。

 

たとえば、

  • バイトで稼ぐ
  • モノを売る
  • 金融機関から借金する

と3つの方法が考えられます。

 

その中で今すぐどうしてもお金が必要ならば、金融機関から借金する方法が最も有効なお金の作り方と言えるでしょう。

 

この場合に利用できるのは、

  • プロミスやアコムなどの消費者金融
  • 三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などのカードローン
  • オリコやエポスなどのクレジットカードのキャッシング

などがありますので、今すぐ借りれるサービスを利用すると良いでしょうね。
ただし、緊急を要する場合には消費者金融が最も信頼できると言えると思いますよ。

 

連休で稼ぐ日が少なく今月は家賃がピンチ!

【参考:家賃のお金が足りなくて払えない!家賃をかしこく支払う方法】
http://web-okite.com/pay-for-rent/

 

毎年5月と9月には連休があり、ただでさえお金が掛かる傾向となる上に、日給月給で働いている人にとっては給料が少なくなるツライ月でもありますよね。

 

元々毎月ギリギリで生活をしている場合には、そのために家賃がピンチになることもあるでしょう。

 

それでも大家さんや不動産会社にとっては、正直に言えば家賃が支払えない理由は「自己責任」であるということになるでしょうね。

 

1か月くらいの家賃の滞納ですぐに退去の命令が出ることは珍しいと思いますが、いずれは同じ結果へとなっていきます。

 

家賃の支払いで今日中にお金が必要な時どうする?

家賃は基本的に決まった日にちまでに支払う必要があるので、今日中にお金が必要な時もあるでしょうね。

 

それでも今月は家賃の支払いがキビシイという時には、

  • 親や兄弟などから借金する
  • 大家さんや不動産会社に支払いを待って貰う・分割にしてもらう
  • 住宅支援給付制度の利用をする
  • 金融機関から借りる

などの方法がありますが、親や兄弟、金融機関から借入することで、今すぐお金が必要な場合にも何とかなる可能性はあります。

 

大家さんなどに支払いの交渉をする場合、運が良ければ応じてくれる可能性はありますが、必ずしもうまく行くとは言い切れず、反対に信用を失ってしまう可能性はあるでしょう。

 

また、家賃の支払いがキビシイ場合には住宅支援給付制度を利用して家賃補助をしてもらえる可能性があります。それでも手続きに時間が掛かることが多く、今すぐどうしてもお金が必要な時には難しい場合もありますね。

 

それならば即日融資にも対応可能なキャッシングサービスの利用が便利と言えるかも知れませんよ。