大学生が今すぐお金が必要になったらどうするの?

大学生でも自分でお金を稼ぐことで親の負担を減らしたいと考える人も多いでしょう。

 

大学生の子供を持つ家庭の経済的負担はとても多く、大学生くらいの年齢となると家の経済状況を把握することもできるため、アルバイトを始める人も多くなりますね。

 

それでもサークルや友人との付き合いなどで、今すぐまとまったお金が必要になることもあるでしょう。アルバイトの給料だけでは足りないという時、頼りになるのが学生ローンなんです。

 

学生ローンと言っても学生専用ローンがあれば、同じく貸金業法によってお金を貸している消費者金融で利用できるカードローンもあります。

 

それでは両者の違いとは何なのでしょうか?
このページでは学生専用ローンと消費者金融の特徴や違いについて紹介していきますね。

 

大学生が今日中にお金が必要な時に便利な学生専用ローンとは?

大学生が今日中にお金が必要という時に利用できる学生専用ローンで有名なのは、

  • イー・キャンパス
  • カレッヂ
  • アミーゴ
  • フレンド田(デン)
  • 友林堂
  • キャンパス

などがあり、学生であることを条件として利用できる金融サービスとなっています。

 

学生ローンの利用にはアルバイトなどで収入がある必要があり、18歳以上(高校生不可)ならば利用できるサービスがあれば、20歳以上であることが条件となっている場合もあるんです。

 

学生専用ローンのメリットは低金利であること

学生専用ローンのメリットとは、全体的に大手の消費者金融よりも低金利になっていることです。

 

とは言え銀行のカードローン金利と比較すると高めの金利であり、大手消費者金融との金利差も少額利用ならそれ程気にならないと言えるでしょう。

 

学生専用ローンのデメリットとは?

大手のキャッシングサービスよりも低金利であることから、大手の消費者金融を利用する必要性はないのでは?と考える人もいると思います。

 

それでも学生専用ローンの場合、利用可能額は最高でも50万円であり、通常の借入では10万円程度が利用限度額となる場合が多いんです。

 

まとまったお金が必要なら大手消費者金融の利用が便利

普通では学生専用ローンで借りれるお金が10万円程度であることに比べると、大手の消費者金融では、たとえばプロミスでは最大500万円まで、モビットでは最大800万円まで利用可能であり、大学生が今日中にお金が必要という時でも30万円くらいは利用可能な場合もあります。

 

10万円位では足りないという場合、すぐにお金が必要ならば初めから大手の消費者金融に借入の申込みをした方が便利な場合もあるんですよね。

 

土日に大学生が急にお金が必要になったら何処で借りる?

大学生が土日に急にお金が必要になった時、何処で借りたらイイのでしょうか?

 

結論から先に言うと、土日にどうしてもお金が必要になり借入の申込みをするなら大手消費者金融がおすすめです。

 

その理由には、

  • 学生専用ローンは土日には店舗が営業していない
  • 学生専用ローンで借りる場合、窓口か振込みが多い

ということで、学生専用ローンの借入方法が店舗での現金受け取りか振込みが基本となっているため、土日にどうしてもお金が必要な場合は、大手の消費者金融に申込みすると良いですね。