未成年が今すぐお金が必要な時どうする?

昔ならば20歳になったら、

  • 選挙権がもらえる
  • お酒が飲める
  • タバコが吸える

ということが成人の特権とも言えることでしたね。もちろん、今でもそうですが(選挙権は18歳以上になるという話はありますが…)、現在では「銀行や消費者金融からお金が借りれる」ということも付け加えることができます。

 

ここでは成人するとお金借りることが可能になりますが、未成年がどうしてもお金が必要なときにはどうしたら良いのかなどについて紹介していきます。

 

未成年は今すぐにお金が必要でも借りれない?

通常、金融機関からの借入は20歳以上である必要があり、その理由としては民法内に「未成年の法律行為には取消しができる」という条項があるからです。

 

法律上の責任を負うことができない未成年との契約行為にはリスクが大きい為、銀行も消費者金融も未成年にはお金を貸していません。

 

また返済能力が一般的に乏しいということからも未成年の借入が制限されている理由となっているんです。もっとも高校を卒業してから就職している人、大学生でもアルバイトでお金を稼ぐ人もいるため、やはり法律が大きく影響していると言えるでしょう。

 

未成年が急にお金が必要になったらどうする?

未成年でもいますぐお金が必要な緊急の時もありますよね。そんな時にはどうしようかと考えると思います。

 

そんな時に思い浮かぶのは、

  • 親や兄弟から借金する
  • アルバイトをしてお金を稼ぐ
  • あきらめる
  • 未成年でも作れるクレジットカードを利用する
  • 学生ローンを利用する

などでしょうね。
この中で最も堅実なのは「あきらめる」ことかも知れませんが、それだとストレスが溜まってしまいますよね。

 

もちろん倹約することは今後の人生にも大事なことと言えるんですが、どうしてもお金が必要な時には何とかして今すぐお金を作る方法を利用したいですね。

 

親や兄弟から借金する

今日中にお金が必要な時、またどうしてもお金が必要な時に未成年が頼み込みやすいのは親か兄弟でしょう。それならば大学生だけでなく高校生や中学生でも借りることは可能ですから。

 

高校生ならばバイトで稼ぐことはできますが、中学生は基本的には働けないことが多いため、親に頼るしかないということもありますよね。

 

アルバイトをしてお金を稼ぐ

どうしてもお金が必要ならば、高校生以上の人ならばアルバイトをして自分自身でお金を稼ぐことを考えると思います。

 

自分で働いて稼ぐお金ならば、使いみちについて意見されることも少ないためベストなお金の作り方と言えますが、ただし今すぐ今日中にお金が必要という時には、この方法は難しい部分もあるでしょう。

 

未成年でも作れるクレジットカードを利用する

クレジットカードも未成年はダメなんじゃないの?と思っている人もいるかも知れません。ですが、中には18歳以上(高校生不可)なら作れるクレジットカードもあるんですよね。

 

クレジットカードがあればショッピングにもキャッシングにも利用可能ですが、ただし親の同意が必要な場合や利用限度額が少なめになるということもあります。

 

また実際の審査についても難しいことは確かなようで、基本的に未成年はお金を借りれないと思っていた方が良いですね。

 

学生ローンを利用する

未成年の学生が借入可能な金融商品に「学生ローン」があります。特徴としては消費者金融よりも金利が低めになっていることがありますが、中には18歳以上の高校卒以上ならば利用が可能ということもあるんです。

 

ただし申込みには学生証が必要な場合が多く、アルバイトなどでの一定の収入が必要というのが一般的な学生ローンの利用条件となっているため、まずはアルバイトを始めることが大事ですね。